知っておきたいAED設置や維持に掛かるコスト

今では駅や空港、学校など様々な施設で見かけるようになり普及の進むAEDですが、
「うちの施設でもAEDを設置しよう」と、これからお考えの方も多いと思います。

ところがAEDの設置には高いコストが掛かります。

そこが負担となるため頭を悩ませるところです。

a0003_001810_m

そして現在7社から数機種が販売されているAEDの相場は30~60万円台と幅が広いので、あなたも「なるべく格安で設置したい」と考え、いくつかのメーカーや機種の価格を比較されると思います。

ただ、その時に知っておきたいのがAEDの設置には様々な費用が掛かることです。

では実際にどのようなコストが必要となるのでしょうか?

AED購入に必要な費用

まずAED購入に掛かる主な費用は大きく2つに別れます。

 イニシャルコスト…AED本体の購入代金として必要な費用
 ランニングコスト…AEDを購入後に掛かる使用期限のある消耗品の交換費用

この2つの費用の合計から本体の耐用年数(使用期限)を割ることで年間に掛かる費用が計算できるわけです。

(イニシャルコスト+ランニングコスト)÷耐用年数=年間費用

このようにしてAEDの設置から維持に掛かるコストが分かります。

格安で購入できるAEDを選ぶには?

ただ、これらのコストはそれぞれのAED機器によって差があります。

イニシャルコストが安くてもランニングコストが高ければ年間費用は安くなりませんし、その逆もあります。

AEDを格安で設置するのであれば、どちらのコストも安い機種を選ばなければいけません。

「でもそんなAEDってあるのかな?」って思ってしまいますが、たくさんある機種の中でも最もコストパフォーマンスが良いAEDが、
業界最安値で販売されているCU-SP1なのです。

2014y08m08d_134331712

そして当サイトでは格安で購入できるCU-SP1を、様々な角度で他の機種と比較しております。

「低価格でAEDを設置したい」と思われるのであれば、当サイトで参考になるページをいくつか用意しております。

気になる方は下記のページもご覧になって、検討してみて下さいね。
 AEDの費用を安くしたい!最安のレンタル料金と購入価格を比較
 AEDが格安で設置できるCU-SP1の価格