CU-SP1が低価格で購入できるのはなぜ?

数多く販売されているAED機器の中で昨年から日本でも販売が開始されたCU-SP1は、オールインワンタイプの新型AEDです。

2014y09m11d_212054259

いくつかの販売代理店から購入することができますが、最も低価格で販売されているのが『AEDコム』です。

AEDコム

設置費用が高くなってしまうとなるAEDですが、『AEDコム』のCU-SP1なら他のAEDより
20万円以上も安く設置できる場合があります。

なぜそれほど低価格で販売されているのかは設置に掛かるコストに大きな理由があります。

CU-SP1の安さは消耗品代の違い

AEDの設置・維持に掛かるコストは本体価格と消耗品代があります。

詳しくはこちらのページでご紹介しております。
 知っておきたいAED設置や維持に掛かるコスト

CU-SP1の本体価格は340,000円と他社のAEDと比べると安価ではありますが、もっと安い機種も販売されています。

ではCU-SP1が『AEDコム』から低価格で設置できる理由は?

それは消耗品代(ランニングコスト)の安さに秘密があります。

実は多くのAEDが消耗品代だけでも10万円近く掛かり、その費用が高額な本体価格に上乗せされて、金銭的な負担がさらに大きくなっているのです。

格安なCU-SP1なら消耗品代を支払う負担が激減されるので、トータル的な費用がかなり抑えられます。

これからAEDの設置をお考えの方にも低価格で導入しやすい機種だと言えますが、同じ『AEDコム』から販売されている『AED IPADNF1200』と価格を比べてみました。

2014y10m15d_230307082

CU-SP1の消耗品代を他機種と比較してみると?

AEDを維持するために必要な消耗品となるバッテリー、電極パッドの使用期限や1度の交換で掛かる価格はこのようになります。
※5年間使用の場合

AED IPADNF1200
 バッテリー 29,000円 (4年後に交換)
 小児用電極パッド 80,000円 (1年半毎に交換 20,000円×4)
 電極パッド 18,000円 (2年毎に交換 9,000円×2)

5年間で掛かる消耗品コストの合計 127,000円

CU-SP1
 バッテリー 0円 (5年間の保証期間内は無料)
 小児用電極パッド 0円 (成人用と共用できるため不要)
 電極パッド 18,000円 (2年毎に交換 9,000円×2)

5年間で掛かる消耗品コストの合計 18,000円

『AED IPADNF1200』と『CU-SP1』の消耗品コストを比べると
109,000円もの価格差がありました。

消耗品コストが安い2つの理由

上記の通りCU-SP1の消耗品代が圧倒的に安いことが分かりますが、大きな理由してはこの2つが挙げられます。

・バッテリーが長寿命であり保証期間内は無料
・電極パッドが成人、小児用と共用できるため低コスト

つまりCU-SP1が低価格で設置でなのは、機器の向上によって実現されたものなのです^^

長期的に設置しておくAEDであれば消耗品コストの差は安いほど大きな金銭的メリットとなります。

「高価格がネックでAEDの設置に悩んでいる…」

あなたが同じようにお悩みであれば、CU-SP1は魅力的なAED機器ではないでしょうか?

低価格のCU-SP1の詳細は、こちらから今すぐチェックしてみて下さい☆
 AEDが格安で設置できるCU-SP1の価格