AEDのレンタルと購入価格の最安値を比較!費用が安いのはどっち?

AEDの設置はレンタルを利用するか購入するかによって費用が変わってきますが、一体どちらが安いのでしょうか?

こちらのページでは、レンタル料金と購入価格それぞれの最安値をリサーチして、どのぐらいの差があるのか比較・検証してみました。

比較

その結果、
購入した方が安く済むことが分かりました!

AEDの導入は費用の高さがネックとなるので、金銭的な負担を減らすためにもなるべく安く導入できた方がいいですよね。

最安値を比較することで、具体的にどのぐらいローコストで導入できるかを知ることができますよ^^

レンタルと購入の最安値

まずはレンタルと購入価格の最安値はどこなのか調べてみました。
インターネットで独自に調べて分かった取扱い企業と機種がこちらです。

レンタル最安値で利用できる会社⇒総合警備会社の『セコム』
最安値で購入できる機種⇒AEDコムで販売されている『CU-SP1』

セコムでは4機種の中からAEDを選べるようになっています。

そこで…
4つの中でどれとCU-SP1を比較すればいいんだろう?

と悩んで色々と調べてみると、このような事が分かりました。

複数のメーカーから製造・販売されているAEDは薬事法で認可された製品なので、心電解析や除細動能力などの心肺蘇生に関しての機能は、一定基準を満たしているため性能に大きな差はありません。

製品によって機能に違いがあるのは…
ガイダンス機能など使いやすさに関する部分です。

これらを踏まえて4機種の中から『CU-SP1』と性能の近いAEDを選んだところ、
『AED2150』がマッチしました!

2014y10m02d_060246780

AED2150の特徴
 音声ガイド付き
 操作手順が分かるイラスト&メッセージ(液晶画面に表示)

『CU-SP1』と『AED2150』を比較して、分かりやすいように表にしました。

CU-SP1とAED2150の価格比較

CU-SP1の購入費用
【】内は耐用年数
AED2150のレンタル料 備考
本体価格 ¥340,000【7年】 ひと月¥5,900
消耗品代 バッテリー
⇒¥36,000【5年】
電極パッド
⇒¥18,000【2年半】
消耗品代はレンタル料に
含まれております。
CU-SP1の電極パッドは
大人、小児共用で交換9,000円
トータルコスト 本体+消耗品代
⇒¥394,000
CU-SP1のトータルコストは
7年間の総額
年間コスト ¥56,285 ¥70,800
1ヶ月の価格 ¥4,690 ¥5,900

※CU-SP1は7年間(耐用年数)で必要となる費用から年間または1ヶ月の価格を出しております。

表のように1ヶ月の価格に換算して比べると、
『CU-SP1』が安いことが分かりました。

そして表には記載していませんが、セコムではレンタル料以外にも初めに
保証金が別途20,000円必要となります。

そこも考慮するとCU-SP1との価格差はさらに広がります…。

◇CU-SP1とAED2150の価格差
 AED2150⇒5,900円
 CU-SP1⇒4,690円

差額 月々1,210円(+20,000円)

月単位で見ると大した差ではないかもしれませんが、7年間使用すると
その差は101,640円(+20,000円)と大きな金額となります。

施設や場所によっては長期的に設置しなければならないAEDなので、設置費用を抑えておかないと後々の金銭的な負担が大きくなっていくわけです。

グラフ 右肩上り

 

比較した結果AEDの設置はCU-SP1を購入した方が、
費用面でのメリットがかなり大きい事が分かりました。

これから「AEDを安く使いたい」と検討されている方は、
CU-SP1を選ばれた方が格安となるのでおすすめですよ^^

そしてここだけのお話ですが、見積もりを依頼するとこちらでご紹介した
定価よりも、ガクンと安い格安価格で提案してくれるようですよ!

CU-SP1については『AEDコム』より詳しくご確認ください☆

無料見積もりは簡単入力でできるので、詳細な価格が即日発行されます♪