AEDを安心して使用するために抑えておきたい販売店選びのコツ

電気量販店やネット通販からも購入できるようになったAEDですが、設置した後にも「いつでも使える状態」に備えておくために維持管理しておくことが大切です。

2014y10m07d_064110209

そのためには機器の日常点検や、消耗品などの定期的な交換が必要不可欠です。

そんな定期点検やメンテナンスを考えると、
ポイントとなるのが「販売店選び」です。

販売店によってアフターサービスの内容に違いがあるので、上手く利用することで設置後の管理も楽になります。

消耗品の期限管理サービス

AED設置後のアフターサービスで特に便利でありがたいのが
消耗品の期限管理サービスです。

よく管理者側で忘れやすい電極パッドやバッテリーといった消耗品の交換時期なのですが、そこを販売店側でも管理してもらえるのです。

2014y12m28d_090614321

特にバッテリーの使用期限に気をつけたいところですが、もしも交換時期を過ぎたまま使用すると正常に作動しなくなります。

 過去には使用期限が過ぎていたためにバッテリーが故障しており、AEDが必要な時に使えないというケースがありました。

そして死亡事故へと繋がっています…。

交換時期を忘れてそのような事にならない為にも、消耗品の期限管理サービスを利用できる販売店で購入して、
より安心なAED管理を行いたいところです。

 

訓練用AEDをレンタルできる販売店

AEDは本来であれば使用しない状況である方が望ましいのですが、近くで人が倒れた場合に絶大な効果を発揮します。

そして早急な処置によって救命率も高くなります。

しかし人が倒れている騒然とした現場の中でAEDを使うというのは、いくら操作が簡単だとは言え勇気がいりますし使う際には落ち着きが必要です。

011

ただAEDを導入すると、使用する可能性が高い人にはAED使用のための講習を受ける義務があるので、一通り操作方法は学べます。

しかしいつAEDを使う時が来るかは分かりません。

その時になって使い方を忘れていては、落ち着いて上手く扱えるか不安が残りますよね。

定期的に講習を受けて使い方に慣れている事が望ましいのですが、なかなか参加できないという場合に利用したいのが『訓練用AEDのレンタルサービス』です。

販売店によっては訓練用AEDの貸し出しを行っているので、そのようなサービスを上手く利用すると施設内でAEDを使う練習ができちゃいます!

講習会に参加しなくてもAEDに触れる機会が増えますので、
いざという時の為に訓練して慣れておく事ができます

そうすると実際に使う場面になっても落ち着きを持ってAEDを操作できますね^^

そしてもう一つAEDをレンタルできるメリットが
「導入前に試すことができる」という点です。

購入前に使ってみることで、AEDの必要性がより深まるのではないでしょうか?

アフターサービスが無料で受けられる販売店はココです!

ここまでご紹介した消耗品の期限管理や訓練用AEDのレンタルといったサービスは、ほとんどの販売店が有料で行っています。

そんな中、
それらのサービスを無料で利用できる
販売店が『AEDコム』です。

AEDコム

AEDコムはスタッフの親切な対応が好評の販売店ですが、アフターサービスもしっかりしています。

そして取り扱っている機種は今までリコールゼロという、
信頼度が抜群のCUメディカル社のAEDなのです。

CUメディカル社の最新機種である『CU-SP1』なら、日常点検もセルフチェック機能があるので、管理する方も毎日の確認がほんの数秒で済んでしまいますよ。

これなら毎日の日常点検も負担になりません^^

AED設置後の管理もしっかりとサポートしてくれる『AEDコム』は、こちらから詳細を確認できます。