AED選びのコツって?知っておきたい3つのポイント

初めてAEDを購入される場合、あなたにとって悩みとなるのが
「どのような機種を選ぶか?」ではないでしょうか?

2014y08m27d_081828207

AEDを選びために押さえておきたいポイントというのがあります。

日本のAED機種の違いはどんなところ?

現在、日本では6社18機種のAEDが販売されています。

「心臓の状態を診断して電気ショックを与える」という基本的な機能は変わらないものの、
性能や価格面には機器によって違いがあります。

そしてAEDは、
高価である、万が一の時に使うもの、命に関わる医療機器
などといった事を考えると、

どんなAEDを選ぶかが大切になってきます。

そのためにもAED機器の性能を比較して慎重に選びたいところですが、
「何を基準に選ぶべきなのか?」が、分からない部分だと思います。

そこでAEDの販売店で調べてみると、
選ぶコツがあることが分かりました!

こちらから『AEDを選ぶ3つのポイント』をご紹介します。

もしもこれからあなたが購入を検討されるのであれば、ぜひ参考にしてみて下さい^^

AEDを選ぶ3つのコツ

 シンプルに操作できるAED
人が急に倒れた場面では緊張とパニック状態になります。

そんな時に使うAEDですから、操作がシンプルで簡単な
AEDを選ぶほうが落ち着いて使用することができます。

 低エネルギーの2相性AEDが有効
AEDで与える電気ショックには電流の流し方に2つの方法があります。

それが単相性と2相性と呼ばれる方法です。

効率的に電流を流して少ないエネルギーで電気ショックを与える2相性は、
1度のショックで回復させることが望ましい心室細動に対しても有効です。

 低価格なAEDで経済的負担を軽く
万が一の時に使うAEDは、普段は設置されたままで
「1度も使われない」というケースも多いようです。

AEDの価格は20~50万円台と高額になるために大きな出費となり、
「使うかどうか分からない」という物のために大金を使うのは悩みとなるところです。

そのためAEDを選ぶ際には価格面も重視して、なるべく
低価格なAEDを選び経済的な負担を減らしたいところです。

AED選びにお悩みならこちらの最新機種がおすすめ!

上記のような選ぶコツを抑えながらAEDを比較すると条件にあったAEDが
見つけやすいのではと思いますが、当サイトでオススメの機種をご紹介します。

それが株式会社クオリティーより販売されている『CU-SP1』です。

オススメの理由はご紹介した3つの選ぶコツの条件にピッタリなAEDだからです。

2014y08m08d_134331712

最新機種である『CU-SP1』は

  • シンプルで使いやすい
  • 2相性でエネルギーを有効に使える
  • 「AED業界で最安値」と言われるほどの低価格

と導入後のことを考えても扱いやすく、
かなり魅力的な機種だと言えます^^

『CU-SP1』についてはこちらのページで詳しく書いており
ますので、気になる方は今すぐチェックしてみて下さい^^