AED購入の価格ランキング!月4千円台で設置できる最安値の機種とは?

AEDは現在7社から製造・販売されており、20種類もの機種が使用されています。

突然の心停止に電気ショックを与えて心臓を元の状態に戻すことが可能な医療機器なので、薬事法で認可されているAEDは機能面ではどれを選んでも同じ効果を発揮します。

2014y08m08d_134311139

しかしメーカーや機種によってイニシャルコスト(本体代)とランニングコスト(消耗品代)に違いがあり、
比較する機種によって20~30万もの価格差が付くこともあります。

AEDは機種によってコストが高額になってしまうのです。

設置のための予算もあるので、選ぶなら価格面も重視しておきたいところですよね。

そこでこちらでは、国内で購入できるAEDで「低コストで導入できるのはどれか?」をリサーチして、
価格が安い機種をランキングにしました!

長期間AEDを設置される場合はその分価格差も大きくなっていくので、低価格のAEDをお探しであればこちらのランキングを参考にして下さい☆

AEDの価格ランキング!1ヶ月の費用が安いのは?

AEDの価格を比べる場合には、イニシャルコスト(本体代)と維持費として必要なランニングコスト(消耗品代)の合計額で考えなければいけません。

その合計額を本体の耐用年数で割った金額がそれぞれの機種にかかる年間費用となり、他の機種と比較するためのコストとなります。

こちらのランキングでは機種によって異なる年間費用をリサーチし、費用が低価格なAEDを比較してご紹介していきます^^
※()内は使用期限や耐用年数となっております。

 AED-2100
 医用電子機器のトップメーカーである日本光電で開発・製造された日本製のAEDです。

2014y10m03d_060231697

 本体や消耗品代
・本体 355,200円 (6年)
・バッテリー 36,000円 (4年)
・電極パッド 13,600円 (2年8ヶ月)
【小児・成人共用  6,800円】

 AED-2100の設置に必要な価格
・合計 440,800円
・年間 73,467円
・1ヶ月6,122円

 G3 HDF-3000
 簡単操作で初めて使用する方でも迷わずに使えるオムロンのAEDです。

2014y10m03d_060358886

 本体や消耗品代
・本体 250,000円 (7年)
・バッテリー 48,000円 (4年)
・電極パッド 80,400円 (2年8ヶ月)
【成人用 6,800円/小児用 20,000円】

 G3 HDF-3000の設置に必要な価格
・合計 426,400円
・年間 60,914円
・1ヶ月 5,076円

 CU-SP1
 的確なガイダンス機能で使いやすく、低コストが魅力的な株式会社CUの最新AEDです。

2014y09m11d_212054259

 本体や消耗品代
・本体 340,000円 (7年)
・バッテリー 36,000円(5年) ※初回の5年間は無料
・電極パッド 18,000円 (2年6ヶ月)
【小児・成人共用  9,000円】

 CU-SP1の設置に必要な価格
・合計 394,000円
・年間 56,285円
・1ヶ月 4,690円

比較した結果かなりの低価格で設置できるCU-SP1は、当サイト調べでは最安値であることが分かりました。

そしてCU-SP1は、月単位の価格で考えると他社のAEDをレンタルして設置するよりも、
費用が安くなってしまうのです!

それほど安価なAEDの価格とレンタル最安値の価格を、実際に比較してみました。

AEDの設置で「購入するかレンタルするか」を悩んでいる場合には、とても興味深いデータになりますよ^^

 レンタル料金との比較